未分類

ダイエットに年齢の壁あり? 痩せにくい年齢に守るべき 3つのルールと、 食品メーカーが発見した意外な成分

30~40代は女性にとって太りやすく、しかも痩せにくい年齢と言われているのはご存知ですか?
燃焼させるチカラが弱くなってしまう為で、お悩みの女性も多いと思います。

今回は、「それ、やっぱり気をつけなきゃダメ?」と思わず言いたくなるようなダイエットの3つの落とし穴と、食品メーカーが発見した意外な成分についてご紹介します。

そもそも、なぜ太りやすくなるの?なぜ痩せにくくなるの?

人は、年を取るほど基礎代謝量=燃やすチカラが弱くなります。
国がまとめたデータでも、
30~40代女性は、10代前半の頃と比べて、26%以上も
燃やすチカラが衰えてしまっていると報告されています。

それだけではなく、女性は一般的に皮下脂肪がつきやすい傾向であることも一因。
(皮下脂肪は放置しておくことで美容の大敵、「セルライト」を増やす原因にもなります)

そこで、これからダイエットを目指すなら是非意識しておいて欲しいポイントを3つだけご紹介します。知っていても、実際には意識できていないという方も、必見です!

「姿勢」って普段意識してますか?

ゴロンと横になっている状態でこの記事を読んでいる方は要注意です!
実は、あぐらをかく等して座っている状態に比べても、横になっている状態では
代謝量、燃やすチカラは少ないのです。
もちろん寝る時間は横になるのが当たり前ですが、部屋に帰るなりいきなり横になっているという方は、是非「姿勢」を意識しましょう。

食べる順番と噛む回数、意識してますか?

食事の際、パンや米から食べてるという方は要注意です!
野菜から食べる、という習慣についてはご存知の方も増えたと思いますが、
口の中で噛む回数はどうでしょう?

実は、よく噛んで食べること自体が、食べ過ぎを抑える効果があります。
そして、野菜を最初に食べることで、野菜の持つ食物繊維が等や脂質の吸収を
抑えてくれます。
しかも!食後の血糖値の急な上昇を抑えてくれる効果も期待できます。

これは、欧州の医師らによる学会においても、学術論文として機関紙に掲載されている
非常に注目の情報なのです。

食事をムリして「抜いて」ませんか?

食事の量を減らしさえすれば大丈夫、と思っていませんか?

食事から得られるタンパク質などで、人の筋肉は出来ています。
さらに運動しないと体脂肪だけでなく筋肉=燃やすチカラの源は落ちてしまいます。
リバウンドすれば減らしたい筈の脂肪だけが増える結果にもなります。

筋肉=燃やすチカラの源です。
我慢して食べる量を減らせばOKと思っている方は要注意です!

とはいえ、これだけで痩せられれば苦労はない、と言いたくもなりますよね。
適度な運動とバランスの良い食事は基本であり大切です。

ですが、その基本に更にプラスできるものがあれば、なんて思いませんか?
最初にもお話したように、実は食品メーカーが海藻の中から発見した成分が、
ダイエットを強力にサポートすることが分かったのです。

それは、「海藻に含まれるポリフェノール」だったのです!

 

発見したのは、「ふえるわかめちゃん」でもお馴染みの理研ビタミン。
1917年(大正6年)、ビタミンAの抽出という当時画期的であった技術を基点に天然物を取り扱う老舗中の老舗として有名です。

ちなみに、世界には8,000種以上の海藻があるそうですが、理研ビタミンは数多くの海藻を研究する中で、
北欧・カナダに生息する「アスコフィラム・ノドサム」という海藻に含まれる成分から発見したんだそうです。
まさに、世界中の海藻に対して深い知見を持つ海藻研究のパイオニアならではの発見と言えそうです。

この海藻ポリフェノールは、脂肪分の多い食生活を
強力にサポートするチカラがあるのだとか!

海藻ポリフェノールは、理研ビタミンからサプリメントとして発売されています。
しかも、海藻ポリフェノールだけでなく、「茶カテキン」「大豆イソフラボン」「ブドウポリフェノール」の3つをプラスし、
「マルチポリフェノール」として製品化しているのです。

期待の成分、「海藻ポリフェノール」に3つの女性に人気の成分をプラスした
「マルチポリフェノール」が、現在お試し価格で発売されています。1日あたり98円とコストパフォーマンスも抜群なので、
まずは一度試してみてはいかがでしょう?